QuicksilverからもEvernoteへ超絶簡単にメモしたい!

Evernoteへ超絶簡単にメモ出来るスクリプトがとにかく素晴らしすぎる!

↑こちらで紹介されていたもので僕もこれを見て後で試そうとほったらかしていたのですが、今日ようやく試してみました。(二ヶ月は経ったでしょうか。。)が、よくよく読んでみると、「LaunchBar」なるシェアウェアのランチャを必要とするとの事。なーんだ、Quicksilver使えねーのかよブーブー。なんて言いながらページを閉じました。でも「逃げない諦めない」が今年の抱負(今決めたけど)である僕が、そうそう簡単に諦めたりはしないんですよ。
まぁ結果から言えば出来たんです。上のごりゅごさんの記事を勝手にコピってまとめておきますね。

Quicksilver版 Evernote Daily Diary 概要

こんな感じでサクッとEvernoteにメモ出来ます。

 

Quicksilverを呼び出す
Quicksilver_Evernote_01

 

「. (ピリオド)」を入力してテキストモード変更、メモする内容を入力
Quicksilver_Evernote_02

 

入力が終わればタブを押してアクションを選択
Quicksilver_Evernote_03

 

はいできたーーーーーー
Evernote

 

設定ですが

まずお断りですが、ここからはQuicksilverを利用されている方を前提に説明を進めます。悪しからず。

まずコピー

property nb : "保存したいノートブック名"

using terms from application "Quicksilver"
	on process text qtxt
		my CreateEvernoteMemo(qtxt)
	end process text
end using terms from

on CreateEvernoteMemo(txt)
	set t to do shell script "date +'%Y/%m/%d'"
	tell application "Evernote"
		set foundNotes to find notes "notebook:\"" & nb & "\"" & " intitle:\"" & t & "\""
		set timeStr to time string of (current date)
		set found to ((length of foundNotes) is not 0)
		if not found then
			set curnote to create note with html "" title t notebook nb
			tell curnote to append html "<p>" & timeStr & ": " & txt & "</p>"
		else
			repeat with curnote in foundNotes
				tell curnote to append html "<p>" & timeStr & ": " & txt & "</p>"
			end repeat
		end if
		activate
	end tell
end CreateEvernoteMemo

AppleScriptで保存する

AppleScriptエディタを開く。(アプリケーション > ユーティリティにある)
コピーしたものを貼り付けて、「memo.scpt」と名前を付けて保存(名前はご自由に)

保存場所は ~/Library/Application Support/Quicksilver/Actions にしておく。
(ホーム > ライブラリ から探してね。Actionsフォルダがなければ作ってね。)

 

はいできた

後は上の方で紹介した通りにQuicksilverを起動してメモ入力して作成したスクリプトを実行するだけ!
んー。でもテキスト入力してタブ叩いてmemoって叩くSTEPはまだまだ超絶簡単とは言えないかなぁ。何かいい方法あれば教えてください。
あ、最後にもう一度、ごりゅごさんの記事コピペしてブログ書いてほんとすみません、訴えないでくださいすみません。

 

参考
Evernoteへ超絶簡単にメモ出来るスクリプトがとにかく素晴らしすぎる!
Quicksilver
わかばマークのMacの備忘録 : Quicksilver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。